宇都宮ビジネスホテル

つい先日の出来事だ。
僕は仕事で宇都宮へ出張していた。
営業廻りを終え、夜遅くホテルに戻ってきた。
かなり疲れていたのでベッドに横になると、そのまま眠ってしまっていた。

…夢を見ていた…
腕から血が滲み出てくる夢…。血は米粒大にプッ…プッ…と出てくる…。
何か不思議な気持ちで目が覚めた…。
だが体が動かない。…金縛りだ…。
それも、どんどんひどくなっていく。まるで全身がつってしまったかのように痛みはじめた。
(うぅっ、や…やばいっ!)
強烈な痛み。体を動かすどころか声を出すこともできない。
歯を食いしばるギリギリ…ギリギリという音が自分でもわかる。

そのうち、足元に人の気配を感じた。
見ると、子供のような小さな人影があった。
やがて人影はスーッと歩き始め、クローゼットの中に消えて行った…。
人影は確かに消えたのだが、気配は残っている…。
目の前に、もやのように…何かいる感じだ…。

さらに、さっき見ていた夢のように腕から血が出る映像が
フラッシュバックのように目の前に見えてくる。
繰り返し…繰り返し…。

このままでは、どうにもならないので
(金縛りが解ける、解ける)
と、自分に暗示をかけながら気合を入れつづけていると
ついに金縛りが解けた…。

部屋を見まわしてみたが人影も気配もなくなっていた…。

すべてが夢だったのかと、ふと腕を見ると血が流れていた…。

右腕に針を刺したような傷が残っていた…。


超心理学コーナーへ  トップへ戻る